• HOME
  • 補助金について

補助金について







福井県には、福井市をはじめ、市町村にも個別にリフォームの補助金がございます。

しかし補助金の制度は毎年変わりますし、リフォームの種類でも申請できる補助金が違い、なかなか複雑です。

イッセイホーム・伊勢谷は、一級建築士として、お客様にあった最適な補助金をご提案します。

r4-1.png

県産材を活用したふくいの住まい支援事業(新築)

県産材を活用したふくいの住まい支援事業(リフォーム)

多世帯同居リフォーム支援
(福井市)

支給額


上限50万円

県産材の使用量1㎡につき
2万円

上記に併せて
越前瓦や越前和紙使用で
1㎡ 1000円を上乗せ

上限15万円

柱など構造材で㎥換算したもの・・・7000円/㎥

造作材、板材等で㎡換算したもの・・・5000円/㎡

工事費の1/3以内
(上限20万円

(居住環誘導区域内の物件は上限30万円)


応募期間

お問い合わせください

お問い合わせください

お問い合わせください

工事着手期限

お問い合わせください

お問い合わせください

お問い合わせください

必要要件など


自ら居住するために県産材を使用した在来工法による一戸建ての木造住宅の建設


>>詳しくはこちら


自ら居住する住宅の所有者
県産材を使用した住宅のリフォーム(増築、改築、修繕
塀、車庫、ウッドデッキ等の外構)

>>詳しくはこちら


[対象者]
自ら居住する住宅の所有者
工事請負契約前の申請であること
新たに多世帯で同居すること(同居開始から6カ月を経過していない者を含む)

>>詳しくはこちら


建替住宅支援事業
(福井市)

住まい環境整備支援事業

支給額

30万円


上限80万円
(自己負担分1割を除く)

応募期間

お問い合わせください

お問い合わせください

工事着手期限

お問い合わせください

お問い合わせください

必要要件など

・新婚世帯、子育て世帯、U・Iターン世帯

居住誘導区域で旧耐震住宅を建替え・新築住宅を取得する




>>詳しくはこちら


[対象者]
①要介護3~5の在宅で生活する高齢者
②要介護1以上で車いすを使用する在宅で生活する高齢者、等

>>詳しくはこちら



genzeibana-01.png

省エネ・バリアフリー・耐震、同居対応リフォーム等これらのリフォームを支援するための減税制度がございます。

「リフォーム減税」対象のリフォームに対して、自己資金であるか、ローンであるかに関係なく一定の減税が受けられます。リフォームで快適な生活になり、そのうえ税金が還ってくるのは嬉しいものです。

イッセイホームは建築士事務所登録をしています。
(YOSHI嘉建築設計事務所)
リフォーム減税制度では必要な書類の1つに「増改築証明書」があり、一級建築士伊勢谷が作成します。


固定資産税のリフォーム減税


rigennzeihikaku02.png







減税を受けるには確定申告が必要です


リフォーム減税制度では実施した工事の要件にあっているかどうかを証明するために「増改築工事証明書」の提出が必須です。

必要書類はどの減税の対象によっても変わります。

★共通書類
〇確定申告書(税務署で取得)
〇建物の登記事項証明書『原本』(法務局で取得)
〇増改築等工事証明書
〇補助金等の額を明らかにする書類(交付を受ける場合)
〇本人確認書類 マイナンバーカード等
〇源泉徴収票(給与所得者)
 などです。何が必要なのかは必ず確認してください。

「増改築工事証明書」を発行できるのは建築士事務所登録をしている所属建築士です。
イッセイホームは建築士事務所登録をしております。
 一級建築士事務所 YOSHI嘉建築設計事務所 福井県知事登録 第い―1377号
 建設業許可 福井県知事許可(般-2)第9609号

完工後、対象の住宅に住み始めた日の翌年、2月16日~3月15日です。必要書類を揃えて確定申告しましょう。





お問い合わせがこちら

  • イッセイホーム リフォーム 補助金 福井市
  • イッセイホーム 住宅診断 福井市 リフォーム
イッセイホーム はじめにこちらからお読みください リフォーム ご相談、ご提案、施工のすべてをひとりの一級建築士が最後まで責任を持ちます。 福井市