周知!知ってると知らないでは大違い

  • 投稿日:2021年 6月 1日
  • テーマ:補助金

今日から6月突入!

今月は完成お引渡しのお家と

新しく始まる大規模リフォーム工事と

これまためぃいっぱいの1か月になります!

仕事がスムーズに進むよう、

計画立てて行動しなければっ。

今日は2件の事務処理を終わらせました。

新卒採用の書類提出と(初めてです)

建設業事業年度の変更届け出等。

イッセイホーム、一級建築士事務所登録をしているので

そちらの書類の提出もあります。

例年、土木事務所に提出なのですが

今年からは建築士協会になったようで・・・

知らずに土木事務所に行きました。

別件もあったので良しとしましょう。

協会に提出に行くと、

「持参されなくてもメールで結構ですから~」ってさ

これまた知らなんだ。

簡素化されるのは有難いですが

きちんと周知されていないのでは?って思ってしまいました。
印鑑も不要になってきていますしね。

これもまだまだ周知不足なのかも、、、と思っているのが

グリーン住宅ポイント制度です

リンク貼っています。

弊社のお客様に送っているニュースレターで記載したら

早速、活用してリフォームされました!

申請のお手伝いをしましたよ。

浴室のリフォームと断熱改修リフォームです。

今月中旬から始まる大規模リフォームでも申請のお手伝いをさせて頂く予定です。

今日、お電話でポイント制度についての問い合わせがあり、

追加工事でポイントを利用することをお考えでした。

ここでポイント

追加工事は何に使ってもいいわけではなく、

対象の工事が定められています。

ワークスペースを造るための

間取り変更であったり、

テレワーク関連の設備の設置が対象です。


このテレワーク関連の設備と言うと、

天井や壁に固定する照明器具の設置が該当されます。

ただ単に、照明器具の設置では追加工事に充当できないんです。

あくまでもワークスペースを造ることが前提となっています。

他には家事負担軽減に資する工事、

玄関周りに手洗器を設置するなどの

「菌・ウィルス拡散防止工事」などがあります。




画像にリンク貼りました。大きく見てくださいね。

参考にしてくださいませ。

ちょこちょこと周知していきますっチョキ

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。





グリーン住宅ポイント制度のご案内

  • 投稿日:2021年 1月15日
  • テーマ:補助金


連日の雪かきでしたが今日は一日フルで事務所仕事!

予定していたことが出来て大満足のイッセイホーム伊勢谷有紀です。

久々の晴れ。

雪や雨でさんざんでしたよね。

雪の被害に遭われた皆様、

お見舞い申し上げます。

先月の中旬に発表された住宅のポイント制度。

私のブログでいち早く記載しました。



イッセイホームは住宅系エコポイントに当初から取り組んでいて、

前回の「次世代住宅ポイント」

申請した件数は12件でした。

この件数を多くみるか、少ないのかは別として、

補助金制度は知っていても利用しない会社もあるんです。

=お客様にお伝えしない。

これってどうなの?って思います。

弊社はしっかりと取り組んでいますので!

グリーン住宅ポイント制度のページを更新しました。

一つ一つ書きました

無料イラストをダウンロードしてペイントで作成。

ワードを使って作成。

見やすいように考えました!

グリーン住宅ポイント制度のご案内

従来のポイント制度と違うのが、

「即時交換工事」

これはポイントを追加工事の費用として使用することができます。

なんでも使えるわけではなくて、


追加工事の内容が


①「新たな日常」に資する追加工事


②防災に資する追加工事です。

ワークスペースを確保した工事。

菌・ウィルス拡散防止工事

手洗い器の設置等になります。

家事負担軽減に資する工事

食洗機を設置する工事などです。

などに即時交換可能です。

若者・子育て世帯にはポイントの増量もあり!

taisyoukouji.png

対象となるリフォーム工事は

①開口部の断熱改修

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

この3つはいずれか必須なのでお忘れなく。

そして、1申請あたりの合計ポイント数は

50000ポイント未満だと

ポイントの発行申請はできないので注意してくださいねー。

今回も活用をお薦めしていきます!

今日はガッツんと補助金制度について書かせてもらいました。

最後までお読みいただきありがとうございました。





グリーン住宅ポイントというお得な制度が創設されました

  • 投稿日:2020年 12月17日
  • テーマ:補助金

住みよい暮らしを応援!イッセイホーム伊勢谷有紀です。

昨日のブログで少し触れましたが

グリーン住宅ポイント制度が創設されました。

一昨日、国交省より発表されましたの。

※今後の国会での予算が成立することが前提です。

国交省HP

いったいどんなの?

制度の概要や条件など、

重要な点をお伝えします

①対象になる住宅は?

新築、リフォームともOK

ただし自ら所有して居住することが条件です。

別荘はダメってことになります。

②契約はいつまでに?

令和2年12月15日~令和3年10月31日までに請負契約すること。

  既存住宅の購入など例外あり。

そして気になるポイントは?

③ポイントの上限?

新築の場合、

 省エネ基準に適合する住宅・・・

30万ポイント。

ZEHなど高省エネ性能等を有する新築は、

40万ポイント

 そして、上乗せありますよお!

〇 東京圏から地方への移住

  

〇18歳未満の子どもが3人以上いる世帯。

 

〇三世代同居の仕様である住宅

〇災害リスクの高い区域からの移転。

  

この特定の条件を満たすと加算されて

最大で100万円!


これはでっかいです。


国交省HPより抜粋

リフォームの場合、

断熱改修やエコ住宅設備や

耐震、バリアフリーなどのリフォームを行うことが必須で

1戸あたり  30万ポイント。

上乗せは

若者・子育て世帯が行うリフォームで

最大60万ポイント!

これまたでっかい!


国交省HPより抜粋。

断熱、エコ住宅設備リフォームは必須条件です。

④ポイント交換は何に使えるの?

 次世代住宅ポイント制度のように商品に交換できます。

そして、ここが新しいっ!

一定の要件に適合する追加工事に利用できる!

「新たな日常」に対応した追加工事

ワークスペースや感染症対策など

防災に繋がる追加工事

 

これらの追加工事とポイントが交換できます。


新しいポイント制度。

新築やリフォームの計画を立てていましたら、

グリーン住宅ポイント制度、覚えておいてくださいね。

お得にリフォーム、新築を。

最後までお読みいただきありがとうございました。





1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
アクセスマップ 施工エリア ブログ ブログ
  • イッセイホーム リフォーム 補助金 福井市
  • イッセイホーム 住宅診断 福井市 リフォーム
イッセイホーム はじめにこちらからお読みください リフォーム ご相談、ご提案、施工のすべてをひとりの一級建築士が最後まで責任を持ちます。 福井市